ETG ニュース

US, 中国, 韓国オフィスが10周年記念

2017/11 | 今年、EtherCAT Technology Group (ETG)の5ヶ所のオフィスのうち3ヶ所が10周年を迎えました。2007年にドイツ・ニュルンベルクにあるETGのグローバルヘッドクォータは500メンバ企業のマイルストンに到達し、ETGの国際的なポジションを確立すべく世界進出を決定しました。現在横浜にあるETG日本オフィスは先立って2006年に既に設立され、次のステップとしてUS, 中国および韓国に地域のETGメンバ企業によりよいサポートを提供することを目的に解説しました。

全世界のETGオフィスは技術サポートからマーケティングまでを統括します。普及のための産業イーサネットセミナやプラグフェストは地域で計画し、各地域の要望に応じて開催します。展示会への参加もその地域のオフィスが担当します。さらに、これらのオフィスは地域のETGメンバー企業をサポートし、EtherCATの実装やアプリケーションを支援します。規則により、ETGメンバは企業組織か研究機関の必要があり、個人はメンバになることはできません。

プレースリリース

他ネットワークとの共存ができるようEtherCAT仕様をTSNで拡張

2017/11 | EtherCATをTime Sensitive Networking (TSN)を組み合わせて使用することができるようになりました。これにより、EtherCATが他のイーサネット環境と共存するように拡張できます。TSNを使用すればイーサネットのネットワーク経由でリアルタイム性を維持したまま複数のEtherCATセグメントを統合できます。これを実現するのにEtherCATスレーブ自体を何も変更する必要はありません。EtherCATデバイスプロトコルとその超高速性能は全く変わりません。TSNによる拡張はコントローラ間通信のEtherCATオートメーションプロトコル (EAP)の性能向上にも寄与し、コントローラ間通信のリアルタイム性を改善します。

プレスリリース全文
ホワイトペーパー "EtherCAT & TSN"

ETGセミナが過去最大を記録

2017/11 | 2017年は記録的な年でした。セミナの開催数だけでなく、その開催国数も過去最大でした。

2012年は10カ国でした。今年の総開催国数は22カ国と地域にまで拡大しています。ほとんどの国の開催数が2回であり、その数は39階に到達し、新記録となりました。今年の開催国のうち9カ国で初めてEtherCAT産業イーサネットセミナを実施しました。この9カ国はロシア、メキシコ、エクアドル、ペルー、コロンビア、チェコ共和国、スロバキア、スロベニアとクロアチアです。

プレスリリース全文

SPS IPC Drives: ETGジョイントブース

2017/11 | 2017年11月28-30日にドイツ・ニュルンベルグで開催される今年のSPS IPC Drives展示会にETGが出展します。60社を超える協賛出展社とともにEtherCATの最新の製品群やソリューションを用意しています。ETGジョイントブースはホール2のブース639です。

ブース内は製品の種別ごと、コントローラ、開発製品、ドライブ・モーション、I/O & ゲートウェイやセンサ&アクチュエータのようにわかりやすく分類しています。製品の展示壁面にタッチパネルを配置し、個々の製品の技術の詳細情報などを調べられるようにしました。さらに、EtherCATの様々な特徴を理解していただけるようにマルチベンダ製品の展示と動作デモも用意しました。今回の出展のハイライトはインタオペラビリティとEtherCATマスタシステムのオープン性をI/O制御で示すでもシステムの復活です。また、24社35軸のドライブを1つのネットワークに接続し同時に制御を行うことで有名なETGの多軸デモも展示します。展示パネルには機能安全 (Safety over EtherCAT)、EtherCATオートメーションプロトコル、EtherCATデバイス開発やTSNなど多様な展示内容を取りまとめています。こちらではETGの技術を理解するために有用な情報を提供しています。展示ブースにはETGのEtherCAT技術者や協賛出展社のブース説明員がいますので技術的なディスカッションやETGに対する質問等をお受けできます。ニュルンベルグのETGジョイントブース(ホール2/639)でお会いできることを楽しみにしています

無料チケット (PDF)
ETGプロフィール @ SPS IPC Drives

システムコントロールフェア2017に出展します

2017/10 | ETGは今年もSCFに出展します。ETGは4525社を超えるメンバを
擁するFAオープンネットワーク団体です。ブースでは約35社が
出展し日本で販売・サポート可能なEtherCAT対応製品をご紹介します。
また、ETGが主催する各地でのセミナー情報もご案内します。
ブース位置は、西1ホール 『ブースNo.S1-15』です。

尚、11月30日(木)13:00-13:40より出展者セミナE会場にて「IoTを
ささえるEtherCAT」と題し講演を行います。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

SCFの詳細情報はコチラ

EtherCAT技術アップデートセミナー

2017/09 | 10月11日(水)14:00スタート。
EtherCATテクニカルワーキンググループの活動報告と
秋季の会合で議論されたEtherCAT仕様書の追加・最新
技術情報をご報告します。

詳細

Safety over EtherCAT セミナー

2017/09 | 10月11日(水)10:00スタート。
セーフティセミナーではSafety over EtherCAT protocol (FSoE)を
用いた機能安全の通信をメインテーマとして、機能安全の装置アー
キテクチャに関する近年の要件を分かりやすく解説します。

詳細

2017年日本EtherCAT Plug Fest

2017/08 | 10月12日(木) & 13日(金)Plug Fest では、EtherCAT マスタ・スレーブメーカ様にご参加いただき、他社製品との相互接続テストの環境を提供します。実際の接続環境下で相互接続を行い運用上の課題を見つけ、本部の技術者を交えて改善策を検討する場です。年に一度の機会となりますので是非ご参加ください。

ご好評につきマスターの参加募集は締切ました。
引き続きスレーブの参加は募集中ですが残席はわずかとなっておりますので
お早目にお申込みください。

EtherCAT開発サポートセミナ 横浜開催

2017/08 | 9月28日(木)EtherCAT対応製品の開発を検討している技術者向けのセミナーです。
開発に役立つ基本情報と各種ESC(EtherCATスレーブコントローラ)やスレーブボード、マスタ製品の開発ツールなどをご紹介します
お申込み

産業オープンネット展2017

2017/07 | 8月24日(東京)、8月29日(大阪)に開催される 「産業オープンネット展」に出展します。

ETGは両会場にて “EtherCATによる制御システム構築のメリット”と題し17:00~ 17:30にセミナを行います。皆さまのご来場をお待ちしております。

Webサイト

EtherCAT Technology Group日本、メンバーシップ数500社を突破

2017/07 | EtherCAT Technology Group(ETG)は、7月6日に開催されたETG日本メンバーミーティングにおいて、日本で500番目に入会した精密位置決めと光計測技術のリーディングカンパニーである駿河精機株式会社を招待し会員証の授与を行いました。

プレスリリース

ETGがニュージーランドエミレーツチームのアメリカズカップ2017の勝利を祝福

2017/06 |

EtherCAT Technology Group (ETG)はメンバであるニュージーランドエミレーツチームのアメリカズカップの勝利を祝福しました。これは最も歴史があり、名誉ある国際的スポーツのトロフィーです。

世界最大のフィールドバス組織であるEtherCAT Technology Group (ETG)は、そのメンバであるアメリカズカップの勝利を祝福しました。バミューダのグレーとサウンドでこのカップの最終ステージが開催され、ニュージーランドチームは7-1のスコアで優勢でした。ハイテクアメリカズカップクラス(ACC)のカタマランヨットがこの熱戦で使用され、ウイングセイルや水中翼の制御に高度な油圧システムが使用されました。超高速かつ信頼性のあるバス通信は油圧制御システムの最重要ポイントであり、EtherCAT Technology Groupはその技術でオークランドの王立ニュージーランドヨットチームが優勝杯を勝ち取れるのをサポートできたことに感動しています。

ニュージーランドエミレーツチームはハイテクヨットチームであり、2017年にバミューダで開催した第34回アメリカズカップで速度60km/h以上の高速なハイテクレーシングヨットのレースに挑戦しました。ニュージーランド人にとって彼らのチームとアメリカズカップは国の誇り、つまりやればできるという気持ち、チームワーク、大物の挑戦を受け入れ、卓越性を追求する象徴的な出来事になりました。

www.americascup.com

ETG日本メンバーミーティング開催

2017/06 | 7月6日(木)開催!ETG日本メンバーミーティングでは日本のメンバーの皆さまに ETG国内外の活動報告と最新動向をご報告する年に一度の総会です。 今年の注目のゲストスピーカはJTEKT様、デンソーウェーブ様にご登壇いただきます。 皆さまのご来場お待ちしております。お申込締切:6月29日(木)

申込書
アジェンダ

EtherCAT採用セミナ 名古屋開催

2017/05 | 6月22日(木)EtherCATの入門編セミナーです。EtherCATの
基本技術と最近のニュースを紹介します。EtherCAT技術とその
導入により得られるメリットをわかりやすく解説します。
お申込み

EtherCAT:インダストリー4.0とIoTの実現にむけて積極的な取組みを継続

2017/04 | Industrie 4.0のコンセプトを実現するうえでEtherCATが最適なソリューションであることに変わりはありません。 EtherCATはデジタル変換のサポートに必要な全てのツールを設計上備えています。 世界最大のフィールドバスユーザー組織であるETGは、Industrie 4.0およびIoTの開発に積極的に活動しています。

EtherCATの優れた性能、高い柔軟性、オープンなインターフェイス、という技術特性が デジタル変換の本質的な要件を満たし、今後の発展に最適な技術であると考えられています。 したがって、このEtherCATの先進的な性能は、ビックデータアプリケーションを制御ネットワークに追加するための重要な前提条件を達成します。 そして、制御システムを柔軟に変更したり、スレーブデバイスをマニュアル的に更新することなく、既存のシステムとのクラウド接続を可能になります。 オープンインタフェースであるためマスター内とスレーブデバイスに直接ITベースのプロトコルを簡単に統合できます。 最終的には、プロトコルの違いによる影響を受けずにセンサーからクラウドへの直接接続が可能になります。 EtherCATは開発の当初からこれらの技術要素を踏まえて設計されたアーキテクチャであるため長期に信頼性を保持していると言えます。 開発途中で機能追加する必要がある際には、基本的なプロトコルを変更することなく簡単に統合できます。 EtherCATは、2003年の導入以来、バージョン1を継続しています。

ETGは、当初からTSN(Time Sensitive Networking)の開発にも貢献してきました。 数年前、TSNがAVBとして知られていた時からEtherCATのエキスパートはすでにIEEE 802.1x内の TSNワーキンググループに積極的に参加していました。 EtherCATは独自の機能原理により、他のフィールドバスや産業イーサネット技術と比較して、クラウドベースのコントロールを含むコントローラからEtherCATスレーブ上へより高速なアクセスを提供することが可能となりました。

プレスリリース (英語)

開発者サポートセミナ開催

2017/04 | 5月26日EtherCAT対応製品の開発に関心のある皆さまむけに
今回は京都で開催いたします。本セミナでは開発の手順と開発をサポート
する各種ツールやサービスをご紹介します。
詳細

ETG @ Hannover Messe 2017

2017/04 | Hannover Messe 2017のETGブースは、共同出展63社とともに400以上対応製品およびEtherCAT技術ソリューションを紹介いたします。

ブース内は、制御システム、開発製品、ドライブテクノロジー、I / Oおよびゲートウェイ・センサー&アクチュエータのカテゴリーに分類して展示されています。 出展製品情報は、ブース内に設置してあるタッチパネルを利用してご来場者様ご自身が自由に関心のある製品の詳細についてご覧いただけます。

その他にタッチパネルでは、ETGの紹介、今年の協賛社、EtherCAT技術の機能メリットそして採用事例についてなど様々はコンテンツを用意しています。

本出展のハイライトは、Industrie 4.0とEtherCAT Pです。タッチパネルで関連情報を閲覧したり、ブースにスタンバイしているスペシャリストと話しをしたり、この機会に最新の情報を入手してください。

ETGスタッフ一同は皆さまのご来場を、ホール9、ブースNo.D18にて心よりお待ちしております! 

www.hannovermesse.de/exhibitor/ethercat-technology-group/X301261

テクノフロンティア2017:ETGブース

2017/03 | テクノフロンティア2017に出展します。日本国内において半導体製造装置や各装置メーカ様、さらには自動車メーカ様においてEtherCATの採用が進んでいます。ETGのブースでは日本で販売・サポートしているEtherCATの対応製品を一堂にご紹介します。また、「EtherCAT最新動向と省配線技術EtherCAT Pのご紹介」と題し、4月20日(木)14:30~ 出展者セミナに参加します。

www.jma.or.jp

ユーザ向けEtherCAT診断方法

2017/02 |

このスライドセット「ユーザ向けEtherCAT診断方法」はEtherCATの診断機能の概要を解説することを目的としています。内容は、EtherCATネットワークの基本的な診断機能や、起こりうるエラー事例の解説です。

本書はエンドユーザ、工場オペレータをはじめ、装置メーカやシステムインテグレータを対象にしています。

エラー事例の詳しい解説などのEtherCAT診断方法の高度な内容は、EtherCATマスタやスレーブメーカを対象として「開発者向けEtherCAT診断方法」で解説します。(ETGメンバ専用エリア)

ユーザ向けEtherCAT診断方法

開発者向けEtherCAT診断方法

ITmedia Virtual EXPO 2017春

2017/02 | スマートファクトリーの鍵を握る産業用オープンネット3者対談。 主要な産業用オープンネットの3つの団体の代表者に集まっていいただき、 スマート工場の実現に必要な点やそれぞれの規格の強みについての議論を深める。

EtherCAT、CC-Link、PROFINETという世界でも高い存在感を示す3つの団体の代表者が、スマートファクトリー化の流れとその中での自規格の強みをアピールします。「つながる工場」実現のための協力についての考え方に注目。
www.itmedia.co.jp